カードローンの教科書

カードローンの教科書はカードローンに関するすべての情報を発信していくサイトです。気になる事は当サイトですべて解決!

記事

カードローンの返済方法の違いと注意すべき注意点

2017/11/03

グラフと男性

カードローンの返済方法を知ろう

カードローンを利用することで生活を便利により豊かにすることが可能となります。しかしカードローンの利用はいわゆる借金ですので、借りたお金を返すと言う義務も必ず生じることになります。もし返済しなければ社会的信用にも傷がつきますし、返済が遅れたり滞ったりしてしまうとカードローン自体の利用停止といった措置を取られることにもなります。

一度そういった状態になると他のローンも利用できないというブラックリスト扱いになる可能性も極めて高くなるので、返済に関しては遅れることなくきちんと返済し続けることが重要と言えます。返済をする場合には色々な返済方法が用意されており、その返済方法を正しく理解しておけば返済が滞ると言うこともありませんし、上手く利用すれば返済を繰り上げて早期の完済を実現することも出来ます。

一般的にはATMを利用した返済方法が基本となっていますが、それ以外にも銀行振り込みでの返済、口座振替での返済、ネットバンキングを利用した返済などが用意されています。

店舗の窓口での返済も可能ですが、近年では有人店舗がほとんどなくなっているため、店舗に行って返済すると言う方法はほとんど利用できなくなっていると考えた方が良いでしょう。

これらの返済方法はどの方法を利用した場合でも確実に返済することが出来ますし、返済方法による違いを理解しておけば、無駄を省き返済をスムーズに行うことが可能になります。一見同じ返済に見えますが、返済方法によって全く異なるメリットやデメリットもあるので、それを知っておくことも必要となるでしょう。

ATMでの返済よるメリット・デメリット

返済方法が複数用意されているということは、ライフスタイルに合わせた返済が可能ということになります。一般的に最も利用されているATMからの返済に関しても、細かく見ていけば専用ATMでの返済と提携ATMからの返済に分けることが出来、それぞれにメリットとデメリットがあります。ATMからの返済の場合、ATMまで出向いて返済する必要があるので、忙しくてなかなか外出できないと言う人は、利用するのが難しい方法だと言えます。

しかし近年ではコンビ二のATMからの返済も可能となってきており、多くのカードローンがコンビニATMとの提携を行っています。

そのためコンビニに行ったついでに返済すると言う方法も可能となってきており、コンビニの場合24時間365日いつでもATM利用が出来るので、銀行の提携ATMを利用するよりも遥かに利便性が高く、返済しやすい環境が昔に比べて整ってきていると言えるでしょう。

しかし提携ATMからの返済の場合、ATM手数料を必ず支払うことになるため、返済する度に返済金額以外に手数料が必要となります。その額は216円程度ではありますが、1年12回返済することを考えれば2,592円もの負担となりますし、それが継続すれば無駄な手数料を支払い続けることにもなります。

これに対し専用ATMを利用して返済した場合、ATM手数料の支払いは必要なく手数料無料での返済が可能です。専用ATMは24時間利用できるので、同じ24時間利用できるコンビニの提携ATMを利用するよりも、無駄な手数料を支払う必要が無いので便利な方法となります。

しかし専用ATMは提携ATMに比べてその数が少ないですし、カードローンの会社によって専用ATMが異なるので、住んでいる地域に専用ATMが無い場合は利用できません。

この点は専用ATMならではのデメリットと言えるでしょう。専用・提携ATM両方のメリットとしては、返済した場合でもその記録が通帳などに残ることが無いということが挙げられますので、家族などに知られたくない人はATMからの返済がおすすめです。

銀行振り込みや口座振替、ネットバンキングのメリット・デメリット

ATMからの返済方法はカードローンの基本となる返済方法と言えます。しかし仕事が忙しい場合や近くにATMが無い場合など、そう言った環境に置かれている場合は、ATMからの返済が利用できないと言うことも考えられます。そう言った場合に便利なのが銀行振り込みやネットバンキング、口座振替での返済方法です。

まず銀行振り込みの場合は、銀行の窓口に行って直接カードローン会社の指定する口座に返済する方法です。この場合ATMを利用しなくても返済できるので、ATMが近くに無い場合やATMを利用するためのカードを忘れた場合でも利用可能となります。

ただし振り込む際には振り込み手数料を支払う必要がありますし、窓口が開いている間しか利用できない為、それほど利用価値がある方法とは言えません。

ネットバンキングの場合は会社や自宅のパソコン、スマホからでも返済することが出来ますので、外出することが出来ない場合には非常に有効な返済方法となります。ネットバンキングを利用した場合には、時間も場所も気にする必要がありませんし、スマホを利用してネットバンキングする場合には、出先からでも自由に返済を行うことが出来ます。

基本的には銀行振り込みと同じ扱いではありますが、外出する手間もないですので時間の無駄も省くことが出来ます。ただしネットバンキングの場合も手数料が必要となるので、その点には注意が必要でしょう。

口座振替は口座から直接引き落としで返済を行う方法で、全てのカードローンで利用できるわけではありませんが、一部のカードローンでは利用できる方法となっています。

口座振替を利用して返済する場合の最大のメリットとしては、毎月決められた日に必ず引き落としが行われますので、返済のし忘れを防止すると言うことが出来ます。ATMやネットバンキング、銀行振り込みの場合、必ず自分がアクションを起こし返済をする必要があるので、返済日を忘れていて返済に遅延が起きてしまったというトラブルも考えられます。

しかし口座振替の場合自動的に口座から決められた金額が引き落としされますのでアクションを起こす必要が無く、返済のし忘れというトラブルも皆無となります。忘れっぽい人は口座振替を利用することで余計なトラブルを未然に防げますので非常におすすめです。

しかし口座振替の場合も注意が必要なケースがあり、口座にお金が入っていなければ引き落としできませんし、残高不足の場合も引き落とし不可となるので返済できていないという状態になる場合も有ります。そのため口座の残金には常に注意を払っておかなければいけません。

それと口座振替やネットバンキング、銀行振り込みの場合は通帳記入することで通帳に記録が残ってしまうため、家族に内緒でカードローンを利用している場合にはばれる可能性が極めて高くなります。これはATM以外の方法を利用した場合のデメリットとなりますので、通帳に記録が残ることを理解した上で利用する必要があります。

ちなみにカードローンの場合、基本となる返済日以外にも自由に追加返済が可能なので、口座振替とATMからの返済を組み合わせて利用するといった方法をとれば、借りている金額の残高を通用よりも早く減らすことが出来ます。

そうすることで利息減らし支払金額を抑える効果も生まれてきますので、毎月の返済日以外にも余裕がある場合にはATMからの返済などを併用すると良いでしょう。

その場合には専用ATMを利用して手数料を支払わないようにするなどの工夫をすることで、さらに無駄を減らすことが出来ます。用意されている返済方法を上手く活用すれば、カードローンライフが不便ではなく便利なものとなるでしょう。

-記事