カードローンの教科書

カードローンの教科書はカードローンに関するすべての情報を発信していくサイトです。気になる事は当サイトですべて解決!

記事

カードローンを即日借りるためのポイントと注意点

2017/11/03

カードローンを即日利用する最速の方法

カードローンは身近なローンとして利用者も増えていますし、いざという時に助けになる便利なローンだと言えます。

しかし借りたいときに借りれないのでは意味がありませんし、今すぐにお金が必要なのにもかかわらず即日利用できないのではメリットを感じられないということも考えられます。カードローンを即日利用する為には出来るだけ早く審査を終える必要があり、審査に時間がかかればかかるほど即日融資が遠ざかっていくことになるわけです。

即日利用を可能にし最速の方法で審査を通過させたい場合には、カードローンの申し込みを工夫することも必要だと言えます。通常カードローンには複数の申し込み方法が用意されており、どの方法でも契約をすることが可能となっています。

しかし方法によっては審査から契約完了までに数日程度の時間を要する場合も有りますし、その場合即日の利用は出来ないと言えます。時間がかかる申し込み方法としては電話や郵送での申し込みのケースで、この2つの申し込み方法の場合は電話をした後に契約用紙を送付してもらい、それを返送して到着後審査、審査に問題が無ければ解約完了という形になります。

さらにその後カードが郵送で届くので、長い場合は1週間程度の時間が必要となる場合も有ります。そのため電話や郵送での申し込みは即日利用には適さない方法となります。

ではどの方法が最も早く契約が出来るのかと言えば、webからの申し込みが最も早く契約を完了させることが出来る方法となります。Webの場合どこからでもwebが利用できる環境であれば申し込みが出来ますし、申し込みに際して待ち時間と言うものが存在していません。

無人契約機や店舗での契約の場合は、先約が居た場合にはすぐに申し込みが出来ないと言うこともあるので、時間帯によっては翌日に審査が先送りされることもあるわけです。しかしwebの場合は、カードローンの契約センターと直結していますので、記入欄に記入して送信すればダイレクトに申し込みが出来ます。

審査も契約内容が届いた時点ですぐに開始されることになるので、30分程度で契約完了というケースもあります。現在このwebからの申し込みをカードローン会社も推奨していますので、急いで契約したい場合はweb申し込みがおすすめの方法となります。

カードローンを即日利用する為のポイント

カードローンの申し込みをする場合に即日利用をしたいのであれば、申し込み時間や平日なのか休日なのかも考えて申し込みをする必要があります。何故ならカードローンの申し込みに関しても混雑する時間帯や繁忙期と言われる忙しい期間があり、その時間や期間に申し込みをしてしまうとwebからの申し込みであったとしても契約に時間がかかるということもあります。

時間帯として混雑するのは昼の時間帯や夕方の時間帯が最も混雑する時間帯となり、これは仕事の休憩中や仕事終わりの時間帯に申し込みをする人が集中するためです。

そのためその時間帯に申し込みをした場合には、申し込み順での審査となるため通常よりも時間がかかってしまい、休憩時間内の契約完了しなかったというケースや、仕事終わりに申し込んだら混雑しすぎていて、契約が翌日に持ち越しになったということも実際に起きています。

そのため混雑する時間をさけて申し込みを行うのがポイントで、時間帯としてはカードローンの申し込みが開始される10時~11時の時間帯や、お昼が終わりひと段落する2時~4時の間が、スムーズな審査をしてもらえるチャンスタイムとなります。

それと土日や祝日といった期間は契約数が増える期間となるので、出来るだけ土日や祝日は避ける方が即日審査・即日融資となりやすいと言えるでしょう。

しかし場合によって土日や祝日しか申し込み出来ない、土日などに急にお金が必要になると言うこともあるので、そう言った場合はwebから申し込みをした後に、カードローンのコールセンターへ急いでいるという電話をかけることで優先的に審査を行って貰う事も出来ます。

電話をするだけで急ぎの人が優先的に審査されると言うのは意外と知られていない方法ですので、即日利用をしたいという旨を伝えると契約までの時間を短縮することが出来るでしょう。

カードローンを即日借りる場合の注意点

カードローンを即日利用したい場合には、注意しなければいけない注意点があります。この注意点をしっかりと理解しておかなければ、即日利用できないだけでなく他のカードローンの利用にも影響が及ぶ場合があります。まず即日利用を考えているのであれば、申し込みの段階で利用したい金額を出来るだけ低く記入して申し込みをした方が良いでしょう。

何故なら消費者金融のカードローンの場合、基本的に50万円までの申し込みに関しては収入証明書の提出が必要ないので、それだけ審査を簡素化し時間を短縮することが出来ます。

しかし50万円を超える金額での申し込みに関しては、収入証明書の提出が必須となりますし、金額が高いのでそれだけ審査にも時間がかかることになります。この場合、即日審査が終了しないと言うことも考えられますので、申し込みをするのであれば50万円以下での申し込みにすることが重要となります。

銀行のカードローンの場合は、収入証明書が不要な金額が100~300万円と消費者金融よりも緩いので、申し込みやすいと感じるかもしれませんが、銀行の場合土日の審査をしていないというケースや審査が消費者金融よりも厳しいので、結果的に時間がかかる場合も有ります。そのため出来るだけ早く借りたいのであれば、やはり消費者金融を利用するほうが確実性が高いと言えるでしょう。

次に現在他のカードローンの利用が無いことも重要となり、他に借り入れがあった場合にはその借入金も審査に関係してくることになります。消費者金融の場合は総量規制という特別な規制があるので、年収の三分の一までしか借り入れが出来ないと言うことになっています。

そのため他の借り入れがある場合、それが足を引っ張ることになり新たなカードローンの審査が即日終了しない、場合によっては審査を通過できないと言うこともあります。

年収が300万円であれば100万円までが限度額となりますし、すでに他社で50万円借りていた場合には新規の申し込みは50万円が限度となります。さらに他社の借り入れと今回の申し込み金額の合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必須となるので、即日審査とならず審査に時間がかかるケースもあります。

この他社の借り入れと言うのは消費者金融だけでなくクレジットカードのキャッシング枠も同等の扱いとなり、キャッシング枠は利用していなくても付帯しているだけで、設定金額分の利用があると見なされてしまいます。そのためカードを2枚保有しておりそれぞれに30万円のキャッシング枠があれば、それが邪魔をして即日審査に影響する場合も有ります。

それと審査には必ず在籍確認があり、在籍している会社に電話で確認が入ります。そのため土日などに申し込みをした場合、会社が休みの場合は在籍確認が出来ないので審査が翌営業日まで持ち越しになることもあります。一部のカードローンでは電話以外の在籍確認が可能となっているものもあるので、それを利用すれば会社が休みでも問題なく在籍確認をすることが出来るでしょう。そのため申し込む前にカードローンの申し込みに関する会社ごとの違いを理解して、自分に合ったカードローンを選ぶことも重要となります。

-記事